電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

自分の暮らす環境に慣らしていくために、散歩は有効です。子犬の時期に積極的に外に行き、散歩好きの犬に育てましょう。

最初の1週間で散歩の習慣がつくられる

ワクチン接種が終わったら、いよいよ散歩デビュー。散歩を始めて最初の1週間は、散歩に対するイメージがつくられるので、重要です。いきなり上手に歩くことはできませんが、マナーを守って、飼い主さんと歩くことが楽しくなるようにしましょう。デビュー前から首輪やリードに慣らしたり、外を抱っこして歩いたりして、段階的に練習していくことがデビュー成功のヒケツです。

また、散歩は社会化にも欠かせません。外でさまざまな刺激を受けることで、さらに社会性が育ちます。順応性が高い子犬の時期に、たくさん散歩に行きましょう。

散歩デビューまでのステップ

Step1 首輪やリードに慣らす

首輪やリードのつけはずしに慣らす

コングに夢中にさせて首輪をつける

首輪のつけはずしは、コングの中に大好きなおやつを入れて、ひざにはさんで行うと、両手が使いやすくなります。

首輪の刺激に慣らす

フードをあげながら、首輪にさわる

首輪にさわられることは、フードを使って慣らします。最初は食事の時間だけつけておいてもいいでしょう。

リードのつけはずしも首輪と同様に

リードのつけはずしも首輪と同様に、コングを使って慣らしましょう。

Step2 外の刺激に慣らす

窓の外を見せたり、抱っこして外出したりする

最初は、抱っこして窓の外の景色を見せたり、音を聞かせたりしましょう。慣れてきたら、抱っこして外へ出かけ、刺激に慣らします。

Step3 室内でリードをつけて歩く練習をする

1 リードをつけてマグネットの確認をする

手にフードを持ち、犬が手に鼻先をつけてくるか確認しましょう。

2 飼い主さんのそばにいるときにごほうびをあげる

飼い主さんは手にフードを持ちながら歩き、犬が近くに来たときにフードをあげます。

3 鼻先にフードをつけて誘導する

リードを引っ張らずにそばにいることができるようになったら、鼻先にフードをつけて真っすぐ歩くように誘導します。

4 フードの位置を高くしていく

少しずつフードを持つ位置を高くして、足元にそって自然に歩けるように覚えさせていきます。ときどきフードをあげてほめましょう。

Step4 散歩デビュー

1 抱っこして外へ出る

ワクチン接種が終わったら散歩デビューです。まずは、デビュー前と同様に、抱っこして外を歩きます。デビューのころには外の音や物には、慣らしておきましょう。

2 ときどき地面におろす

抱っこして歩きながら、ときどき地面におろしましょう。地面に足をつけることに慣らしていきます。

3 怖がっていなければ歩かせてみる

地面に足をつけたときに怖がっている様子がなければ、歩かせてみましょう。

4 少しずつ落ち着いて歩けるように

動かなかったり、突進したり最初は上手に歩けませんが、徐々に落ち着いて歩けるようになります。初日は10分程度で切り上げて。

散歩デビュー成功のポイント

夏は涼しい朝か夕方、冬は日中に

オシッコをしてから散歩に行く

初日は10分程度で切り上げる

少しずつ距離をのばす

散歩のマナーを守る

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です