電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

成功するポイント

手の高さを得の位置に合わせる

犬があとずさりする場合は壁ぎわで行う

Level1 誘導して行動を覚えさせる

1.手にフードを持ち、鼻先につける

2.手をななめ上にあげる

鼻先に手をつけたまま、犬のななめ後ろ側に向かって手をあげ、鼻先を上に向けます。

3.できたら、すぐにほめる

鼻先が上に向くと、自然におしりが床につきます。オスワリができたらほめながらフードをあげて。

Level2 誘導に言葉を加える

1.フードを持った手を鼻先におき、上にあげる

両手にフードを持ち、鼻先においた手を上にあげます。

2.オスワリをした瞬間に言葉をかける

犬がオスワリをした瞬間に、「オスワリ」と言います。

3.反対の手でごほうびをあげる

ほめて、誘導した手と反対の手でフードをあげましょう。

Level3 言葉と手の合図だけで行う

1.言葉をかけ、手の合図をする

フードを持たずにアイコンタクトをして、「オスワリ」と言い、鼻先においた手を上にあげます(=手の合図)。

2.犬がオスワリをする

3.すぐにほめる

オスワリをしたら、すぐにほめてフードをあげましょう。

解除を教えよう!

行動トレーニングでは、犬が行動をとったあとに必ず「もう動いていいよ(=解除)」を教えましょう。犬の動きを誘うような動作で合図します。

行動がとれたらほめる

行動がとれたら、ほめてごほうびをあげます。

犬を誘うような動作をして、解除をする

犬が動き始める前に解除をしましょう。「OK」と言って、足を開くなど、犬を誘う動作をします。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です