電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

飼い主さんとの散歩はトイ・プードルにとってごほうびです。いろいろなところに行って、一緒にリフレッシュしましょう。

コミュニケーションと社会性をはぐくむ

散歩は運動のためだけでなく、環境に慣らし、社会性を身につけるためにも役立ちます。ストレス発散にもなるので、毎日1回は連れていきましょう。散歩時間よりも内容を重視して。特にトイ・プードルは、飼い主さんとのコミュニケーションをとりながら歩くことが重要。義務で30分の散歩に行くよりも、10分でも愛犬の性格や運動欲求を満たすほうがいいのです。時間やコース、スピードなど、メリハリのある内容をこころがければ、散歩好きの犬に育ちます。飼い主さん自身も楽しんで、愛犬と一緒に心と体をリフレッシュしましょう。

散歩のマナー

飼い主さんがマナーを守って

散歩では飼い主さんがマナーを守ることが大切です。まず、家を出る前に排泄させるようにしましょう。万が一、外で排泄したら必ず片づけます。

オシッコをしたとき

アスファルトにオシッコをしたときは、ペットシーツで吸い取ってから、ペットボトルに入れた水をかけて流しましょう。

ウンチをしたとき

ビニール袋に入れて持ち帰ります。持ち帰ったウンチはトイレに流すか、自治体の規定に従ってゴミで出します。

散歩の持ち物

ペットシーツ

水を入れたペットボトル

ビニール袋

迷子札

基本の歩き方

歩き方

リードが張らずに少しゆるんでいる状態

犬が横について、少しリードがゆるんでいる状態が理想です。せまい場所ではリードを短めに持って歩きましょう。

服装

動きやすい服装で出かける

体を動かしやすいスポーティーな服に、ヒールのない靴が望ましいでしょう。

リードの種類

伸縮性のあるリードは避けて

伸縮性のあるリードは、公園など広い場所で使うのは楽しいですが、交通量の多い場所では、安全を確保しにくいので避けましょう。

持ち物

散歩バッグを用意すると便利

排泄物の片づけに必要なものなどの持ち歩きには、散歩バッグを使うと便利です。暑い日は、途中で飲ませる水なども用意するといいでしょう。

セーフティグリップ

犬の安全を確保できる目安の位置

人通りの多い場所などでも、犬の安全を確保できるリードの位置を、セーフティグリップといいます。犬をすぐに抱きかかえられる場所が目安になります。

散歩の時間帯と量

時間带

時間帯にこだわる必要はありませんが、真夏はアスファルトの照り返しが強いので、炎天下は避けましょう。雨の日は無理に行かなくても大丈夫。その分、室内の遊びで満足させてあげましょう。

トイ・プードルが適度に疲れるくらいの運動量が目安。飼い主さんのスケジュールに合わせて調整し、義務にならない範囲で行きましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です