電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

トイ・プードルは賢いので、知恵を働かせて飼い主さんにおねだりをするのが得意です。要求ぼえに対しては、甘やかしたりあきらめたりせずに一貫したしつけをしましょう。

原因

おねだりをすると飼い主さんが要求に応える

来客に対するうれしいという気持ちの表現

興奮して楽しいという気持ちの表現

身を守ろうと警戒しているときの表現

対策1 ほえない環境にする

何かに対して身を守ろうとしているときは、苦手なものに対して見えない、聞こえない環境づくりをしたり、遊びで気をまぎらわせたりしましょう。また、苦手なものに慣らすトレーニングも併せてしていきましょう。

こんなときに使える!

窓の外を通る人に対して怖がっているとき

雷や花火の音を怖がっているとき

対策2 驚かせてやめさせる

ほえているときに、犬に気づかれないように音を出して驚かせます。空き缶に小石を入れて投げるなど、どんな方法でもOK。ほえると嫌なことが起きると、学習させます。恐怖感を与えないように気をつけましょう。

こんなときに使える!

見知らぬ人に対して身を守ろうとしているとき

夜鳴き

犬の行動解析システムC-barqに登録してみよう

http://cbarq.inutokurasu.jp/

愛犬の性格や行動が気になったら、「犬の行動解析システムC-barq」を利用してみましょう。愛犬の行動に関する質問に答えると、約1万頭分の情報をもとに愛犬の気質が統計学的に分析され、同じ犬種のデータと比較できます。ウェブ上で愛犬を登録すれば、簡易な解析は何度でも無料(詳細な解析は有料)。

※ただし、6か月未満の子犬は登録できません。

「家の庭先、出かける前」「道を散歩」「家でくつろぐ」など10の場面で、愛犬の行動について計80個の質問に答えると、行動の特徴を分析できます。

対策3 知らんぷりをする

要求ぼえに対しては、犬に反応しないことが鉄則です。頭のいいトイ・プードルは要求を通すために、いろいろ知恵を働かせてほえ続けることもあるので、根負けしないようにしましょう。

こんなときに使える!

人の食べ物がほしいとき

ハウスから出してほしいとき

遊んでほしいとき

●知らんぷりの基本

・犬と視線を合わせない

・体をなでない

・声をかけない

対策4 ほえていないときにほめる

チャイムの音や来客に対して静かにできたら、すかさずほめてごほうびをあげましょう。静かにできていることを当たり前のこととして見逃しがちですが、子犬のころからほめていると、ほえグセをかなり防げます。

こんなときに使える!

チャイムの音がきっかけになってほえるとき

来客に対して喜んでいるとき

対策5 落ち着かせる

興奮してほえているときは、抱っこして落ち着かせましょう。落ち着いているときにほえる犬はほとんどいません。興奮していてもオスワリができる場合は、オスワリで落ち着かせてもいいでしょう。

こんなときに使える!

遊んでいるとき

来客に対して喜んでいるとき

●抱っこする

興奮しているときは、抱っこして落ち着かせます。

●コングに夢中にさせる

興奮するできごとが起こる前に、気をそらして落ち着かせておきます。

対策6 トレーニングで「シー」を教える

ほえグセがひどい場合は、トレーニングでシー(=だまる)を教えるのも対策のひとつ。その場合、最初はほえることから教えます。

こんなときに使える!

ほえグセがひどいときに

Level1 ワン(=ほえる)の練習をする

1.ほえさせる

ほえる行動は犬がもともともっている行動なので、最初から言葉をつけて練習します。「ワン」と言いましょう。

2.犬がほえる

最初は小さな声ですが、そのままでOK。慣れてくると大きな声になってきます。

3.ほめてフードをあげる

上手にほえたら、ほめてフードをあげます。

Level2 シー(=だまる)の練習をする

1.だまっているときに声をかけて手の合図を入れる

犬がだまっているときに、人さし指を口にあてて(=手の合図)、「シー」と言います。

2.フードをあげて、ほめる

そのあと、すぐにほめてフードをあげましょう。少しずつだまっている時間をのばしていきます。

Level3 ほえる、だまるを続けて練習する

だまっているときだけフードをあげる

「ワン」と「シー」を続けて練習します。「ワン」は強化されやすいので、「シー」のときだけフードをあげましょう。上手にできないときはレベル1と2をくり返してトレーニングします。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です