電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

トイレを覚えさせたり、ハウスで静かに過ごすことを教えたりすると本的なしつけは、自然に習慣づけられるように初日から始めましょう。

人と犬が快適に暮らすためのマナーやルールを伝える

しつけとは、人と犬が快適に過ごすために、人間社会のマナーや飼い主さんとのルールを、犬に教えることです。トイレ以外でオシッコをしたり、むやみにほえたりして、周囲に迷惑をかけないようにしつけをしましょう。マナーやルールは飼い主さん自身も守らなければなりません。まずは、犬との生活を想像して、犬に覚えてほしいことを考えてみましょう。

また、しつけをするときは、生活環境を整えたり、トレーニングをしたりして好ましい行動を教えていきます。犬がどのように行動を覚えていくか頭に入れてから、スタートしましょう。

しつけやトレーニングに役立つ犬の学習法

しつけやトレーニングは、犬がもっている本能や習性を使って行います。飼い主さんがそれらを知っておくことが大切です。

犬は教えたことや体験したことは、覚えていく

犬は教えたことや体験したことは、学習して覚えていきます。飼い主さんがしてほしいことはどんどん体験させましょう。逆に、体験していないことはわからないので、困った行動はさせないように環境を整えることが大切です。

犬にとってうれしいことは、行動をくり返すようになる

犬にとってうれしいことは、必ずしも飼い主さんと一致していません。フードやおやつだけでなく、遊びや散歩もうれしいごほうび。また、いたずらも犬にとって遊びになっていれば、ごほうびになってしまうのです。

犬の気持ちと行動パターン

1 犬にとってうれしいことが起きる

その行動をくり返す

2 犬にとって嫌なことが起きる

その行動が減る

3犬にとってうれしいことがなくなる

その行動が減る

4犬にとって嫌なことがなくなる

その行動をくり返す

犬の気持ちと行動パターンを利用したしつけの基本

1 うれしいことが起きる

(例)トイレでオシッコをする

ほめられておやつがもらえた

(→犬にとってうれしいことが起きる)

行動をくり返す

基本

好ましい行動は、体験させてほめる

好ましい行動をとったときは、ほめることで犬をうれしい気持ちにさせて、繰り返すようにさせます。たまたまとった好ましい行動でも、見逃さないことがほめ上手の第一歩です。

2 嫌なことが起きる

(例)いたずら防止剤をスプレーしたスリッパをかじった

苦い味がした

(→犬にとって嫌なことが起きる)

行動が減る

基本

してほしくない行動は物から罰を受けるようにする

ある行動をとったときに苦い味がしたり、大きな音がしたりする「天罰」は、犬にとって嫌なこと。必ず罰が起きるようにすると、その行動をとることが減っていきます。

3 うれしいことがなくなる

(例)かまってほしくて飛びつく

知らんぷりをする

(→犬にとってうれしいことがなくなる)

行動が減る

基本

してほしくない行動をしたときは知らんぷりをして、あとで好ましい行動を教える

してほしくない行動をしたときは、反応しないようにします。声をかけると、それが犬にとってごほうびに。その後、好ましい行動を教えて、ほめましょう。

4 嫌なことがなくなる

(例)飼い主さんが犬に歯みがきをしようとしたら暴れた

飼い主さんが歯みがきをあきらめた

=犬は歯みがきをされなかった

(→犬にとって嫌なことがなくなる)

行動をくり返す

基本

してほしくない行動は、体験させないように先回りして回避

暴れるという行動を体験させないようにしましょう。歯みがきは口をさわる練習をしてから行います。同様に、いたずらもさせないように、先回りをしてゴミなどを片づけましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です