電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

厳しく訓練するのではなく、飼い主さんも愛犬も笑顔になれる行動トレーニングのすすめ方にはコツがあります。

Q自分の名前はわかるの?

A自分が呼ばれているという認識はある

自分に名前があるということではなく、「名前=自分が呼ばれている」と理解することができます。名前だけでなくオスワリなどの言葉は、行動トレーニングによって教えていけば犬は覚えられます。その際、同一の行動に対しては言葉を統一することが大切です。

Qしつけ教室は、行ったほうがいいの?

A特に子犬の時期はおすすめ!自分に合うところを探して

しつけ教室は、プロのトレーナーがしつけ方を教えてくれる場所です。教室に通ったり、家に来て教えてもらったり、タイプはさまざま。最初は見学して、飼い主さんと犬が楽しんでいるか、自分に合うかなどをチェックして。特に子犬のトレーニングはおすすめです。

Qチャイムに対してほえないように育てるには?

A反応しない子犬の時期に慣らす練習を

ほえる要因にもよりますが、一番多いのは警戒してほえるケース。これは、まだチャイムに対して反応しない子犬のころから、慣らすことが大切です。チャイムが鳴ってほえていないときは、当たり前のこととして見過ごしがちですが、忘れずにほめましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です