電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

「名前で呼ばれること=うれしいこと」というイメージを持たせるためのトレーニングです。食事用のフードの一部を使ってといいでしょう。名前を呼んだら、飼い主さんのほうを、喜んで見るようになっていきます。くり返し練習しましょう。

成功のポイント

家族全員で10回ずつ行う

食事の時間を利用する

フードをあげた瞬間に名前を呼ぶ

Level1 フードをあげたときに、名前を呼ぶ

1 手にフードを持つ

手にフードを持って見せ、興味をもたせます。

2 フードをあげたら、すぐに名前を呼ぶ

フードをあげた瞬間に、名前を呼びましょう。

Level2 歩きながら名前を呼ぶ

そばに来たときに、フードをあげて名前を呼ぶ

+ワン

名前を呼んだときに犬が嫌がることをしないで

「名前を呼ばれること=うれしいこと」と認識させるためにも、名前を呼んだときに、嫌がることをしないようにしましょう。お手入れを嫌がる犬の場合などは、お手入れのときだけ名前を呼んでいると、名前が嫌いになってしまいます。

マグネット

飼い主さんの手に鼻をつけると、うれしいことがあると犬に思わせるトレーニングです。これから行うさまざまなトレーニングで、行動を誘導する基本になるので、毎回行いましょう。

成功のポイント

鼻をつけているときにフードをあげる

手の動きはゆっくりと

Level1 手に鼻をつけたらフードをあげる

1 フードを持った手を見せる

手にフードがあることがわかるように犬に見せます。

2 手に鼻をつけたら、フードをあげる

手に鼻をつけたら、ほめながらフードをあげましょう。手に鼻をつけるといいことがあると思わせます。

Level2 手に鼻をつけた状態で左右に動かす

1 手にフードを持ち、左右に動かす

手に鼻をつけてきたら、フードを持ったままゆっくり動かします。

2 動かす距離をのばす

ときどきほめながらフードをあげて、動かす距離をのばします。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です