電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

成功するポイント

オスワリとフセの両方からタッテの練習をする

歩いてしまうときは手の動きを小さくする

Level1 誘導して行動を覚えさせる

オスワリ→タッテ

1.フードを持った手を鼻先におき、犬の前方へ動かす

フードを持った手を鼻先につけ、手を犬の前方へ動かします。

2.ほめながらごほうびをあげる

手の動きにつられて犬が立ち上がったら、ほめながらフードをあげます。手を動かしすぎると、犬が歩いてしまうので注意しましょう。

フセ→タッテ

1.フードを持った手を鼻先におき、犬の前方へ動かす。

「オスワリ→タッテ」と同様に、フードを持ったキを鼻先につけ、手を犬の前方へ動かします。

2.ほめながらごほうびをあげる

タッテの姿勢がとれたら、ほめながらフードをあげます。

Level2 誘導に言葉を加える

1.フードを持った手を鼻先におき、犬の前方へ動かす

両手にフードを持ち、鼻先においた手を犬の前方へ動かします。

2.タッテができた瞬間に言葉をかける

タッテの姿勢がとれた瞬間に、「タッテ」と言います。

3.誘導した手と反対の手でごほうびを

ほめて、誘導した手と反対の手でフードをあげましょう。

Level3 言葉と手の合図だけで行う

1.言葉をかけて、手の合図をする

フードを持たずにアイコンタクトをして、「タッテ」と言い、手を犬の前方へ動かします(=手の合図)。

2.犬がタッテをしたら、ほめる

犬がタッテをしたら、すぐにほめてフードをあげます。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です