電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

コミュニケーションのひとつとして毎日の日課に。皮ふの血行促進にも役立ちます。

トイ・プードルのお手入れで一番重要

ふわふわの毛が特徴のトイ・プードルは、毛玉ができやすく、毎日のブラッシングが欠かせません。被毛を清潔にするだけでなく、皮ふの血行も促します。健康管理にも役立つので、話しかけたり、皮ふの状態をチェックしたりしながら、ブラッシングしましょう。

お手入れの目安

毎日(最低でも2~3日に1回)

必要なもの

スリッカーブラシ

コーム

ブラッシングの基本テク

ブラシを正しく持つ

ブラシは軽く持ち、毛玉にひっかかるとブラシがはね返されるくらい、やさしくブラッシングします。当てる強さは、自分の手に当てて痛くない程度に。

さまざまな方向からブラッシング

毛並みにそって

逆立てる

部分的に毛を分けて

毛並みにそってとかしたあとは、逆立ててとかします。その後、部分的に毛を分けながら、地肌が見える状態にしてブラッシングします。

ブラッシングのプロセス

1 最初は顔から遠いおしりから

慣らすために、顔から遠い、おしりからとかします。

2 後ろ足は足のつけ根を持って

少し持ち上げ、動かないようにしっかり支えてとかします。ギュッと強く持たずに、少し動いたときだけ軽く力をいれるといいでしょう。

3 胴体は頭のほうからおしりへ

比較的とかしやすい場所なので、ブラシをあてる強さに気をつけてとかします。

4 肩は耳の下から足のほうへとかす

あごの下を支えて、上から下へ。やさしくとかします。耳の下は毛玉やもつれができやすい場所なので念入りに。

5 前足は真っすぐ前に持ち上げて

犬の足の関節は横に動かないので、まっすぐ持ち上げて。ひじの関節を指ではさんで持ち上げると犬も楽になります。

6 わきの下や内股は念入りに

わきの下は前足を持ってとかします。内股も1本ずつ足を持ってとかしましょう。もつれや毛玉ができやすい場所なので、念入りにブラッシングします。

7 胸はあごや顔を押さえて

首輪をつけている首回りのほか、洋服を着る場合は、胸に毛玉ができやすいのでていねいに。あごや顔を押さえてとかしましょう。

8 頭はマズルを持って、手前から後ろへ

犬が動かないようにマズルを持って、手前から後ろへ向かって少しずつとかします。

9 顔は目の位置を確認して慎重に

スリッカーブラシの角の部分を使い、目の位置から外側へ向かってとかします。あごの下を支えるととかしやすいでしょう。

10 耳は必ず裏側に手を入れて

耳の裏側を手で支えて、やさしくとかしましょう。耳のつけ根は特に毛玉ができやすいところです。

11 しっぽは根元を持って

しっぽは根元を軽く支えて、毛を左右に分けるようにとかします。

12 全身をコームでとかす

スリッカーブラシでとかし終ったら、最後に身をコームでとかします。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です