電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

犬の性格は十人十色。しつけの方法もひと通りではありません。愛犬のことをよく理解して、しつけやトレーニングをしましょう。

愛犬の好きなことを把握して、しつけやトレーニングを

犬は人と同じように1頭1頭性格が違い、怖がりな犬もいれば、活発な犬もいます。しつけやトレーニングをするときは、トイ・プードルの犬種の特徴を理解するだけでなく、愛犬の性格を知り、その犬に合った接し方をすることが大切です。まずは日ごろの行動を観察して、愛犬の好きなことを把握し、ニーズに応えてあげましょう。欲求が満たされている犬は問題行動が減り、しつけやトレーニングもスムーズにすすみます。犬にとって、飼い主さんが魅力的な存在になるように、愛犬を理解して育てましょう。

行動からわかる愛犬の性格(例)

慎重・警戒心が強いタイプ

飼い主さんに従順な犬が多いですが、知らない人や場所、音などに対しては少しずつ慣らしていくことが必要です。

知らない人が家のそばを通るとき

●いつでも逃げ出すまたは、いつでもほえる

●顔をそらすか、最初だけほえる

新しいおもちゃや遊びに対して

●まったく興味を示さない

●種類によって、興味を示すときと示さないときがある

散歩の歩き方やコース

●いつもと違う道へ行こうとすると嫌がる

●毎日同じじゃなくても、知っている道ならば受け入れられる

知らない人からフードを出されたとき

●食べない

●食べるときと食べないときがある

好奇心旺盛・やんちゃタイプ

順応性が高いのでしつけをしやすいですが、興奮を抑えることができるようにトレーニングを。激しい遊びで欲求を満たす必要も。

知らない人が家のそばを通るとき

●最初にほえ、慣れると近よっていく

●どんな人にも近よっていく

新しいおもちゃや遊びに対して

●興味をもって一度は遊ぶ

●新しいことが大好きで喜んで遊ぶ

散歩の歩き方やコース

●人ごみなど苦手は場所はあるが、基本的に変化があるのは平気

●メリハリがある歩き方、新しいコースに対して喜ぶ

知らない人からフードを出されたとき

●すぐに食べる

●すぐ食べて、次にフードが出るのを待つ

愛犬に好かれる飼い主さんになるポイント

食事をきちんと与える

食欲は犬が生きるための本能です。飼い主さんがきちんと食事をあげ、食に対する欲求が満たされるようにしましょう。

スキンシップをとる

まず、さわられるのが好きな犬に育てましょう。そのうえでのスキンシップは、犬にとって気持ちのいいものになります。

一緒に楽しく遊ぶ

犬の好きな遊びを把握して、一緒に遊びましょう。飼い主さんといると楽しい気持ちになるということが、欲求に応えることにつながります。

意図的にかまわない時間をつくる

注目されることが当たり前になると、ほめられても喜ばない犬になることも。意図的にかまわない時間を、少しでもつくるようにしましょう。

わかりやすいしつけをする

愛犬のとった行動が○か×か、常に一貫した正しい受け答えをするようにしましょう。わかりやすい指示に対して、犬は反応しやすいのです。

愛犬の好きなことを知る

愛犬の好きなおやつや遊び、さわられて喜ぶ場所などを知って、そのニーズに応えましょう。愛犬を喜ばすことができる飼い主さんは愛されます。

愛され度をCheck

1~4の順にレベルアップし、愛され度が高くなります。子犬のころは愛され度が低くなりがちですが、大きくなるにつれて変わってきます。

1.おやつを見たときにイイコにする

2.遊びに誘うと喜ぶ

3.全身どこをさわられても嫌がらない

4.ひとり遊びの最中でも呼ぶとそばに来る

愛犬の好きなことを確認

●好きなおやつは?

愛犬が好きなおやつの1位~3位までのランキングをつけてみましょう。

●好きな遊びは?

ボール遊び、引っ張りっこ、宝探し……。好きな遊びの種類やおもちゃを把握します。

●さわられて喜ぶ場所は?

さわられて喜ぶ場所は犬によって違います。胸や背中など、喜ぶ場所を探してみましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です