電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

いまや大人気のトイ・プードルですが、プードルの歴史はかなり古くから。ルーツを知ると、トイ・プードルの性格や能力などの特徴が見えてきます。

祖先は水鳥の運搬をしていた狩猟犬

プードルという名はドイツ語の「プーデルン(水をはね返す)」が由来です。プードルの歴史は古く、発祥地はさまざまな説がありますが、水鳥の運搬などをする狩猟犬として活躍していました。

16世紀ごろから愛玩犬としても飼われるようになり、犬種改良で小型化したミニチュア・プードルが誕生。プードルの小型化がすすみ、トイ・プードルが生まれました。現在ではテディベアカットの登場とともに、大人気になっています。

プードルの大きさ

トイ・プードルは、プードルのなかで一番小さなサイズです。プードルは体の大きな順にスタンダード・プードル、ミディアム・プードル、ミニチュトイ・プードルとよばれ、4つのサイズに分かれています。

トイ・プードル

体高24~28cm

ミニチュア・プードル

体高28~35cm

ミディアム・プードル

体高35~45cm

スタンダード・プードル

体高45~60cm

※体高……地面から肩までの垂直の高さ

15世紀

水鳥の運搬をする狩猟犬として活躍する

16世紀

フランスで愛玩犬として飼われるようになる

18世紀

小型化され、「ミニチュア」「トイ」サイズが次々と登場

19世紀

サイズの規定ができて「トイ・プードル」というサイズが誕生する

昔と今のトリミングスタイルの流行

昔は水辺の狩猟犬として作業しやすいようにカット

水辺での作業やお手入れをしやすいように、足や顔を刈りこむカットが伝統的なスタイル。このようにバリカンで毛を刈るトリミングは「クリップ」とよばれています。

今はぬいぐるみのようなテディベアカットが人気

ぬいぐるみのテディベアのように、はさみで仕上げるカットスタイル。足の毛をブーツカットのような形にトリミングするスタイルもはやっています。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です