電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

愛犬が気持ちよくなるスキンシップのしかたを、マスターしましょう。

体と心のバランスを整えることができる

タッチとは、犬の体をやさしくなでるボディーワークのことです。犬にとってタッチをされることは、とても心地よく、落ち着きます。皮ふのすぐ下の細胞に働きかけるため、体と心のバランスを整える効果も。お手入れ後や一緒に遊んだあとなどにスキンシップをとりながら、犬がリラックスした状態で静かになでて、タッチをしてみましょう。全身をさわるので、毎日の体調を確認でき、愛犬ともさらに仲よしになれます。さわられるのが苦手な犬の場合は、手の甲を使ってみましょう。

犬がリラックスできるタッチのしかた

姿勢

犬の姿勢は抱っこでもフセでもOKです。ただし、飼い主さんがおおいかぶさると威圧感があり、犬がリラックスできないので気をつけましょう。

首にふれるなどして手を温めてから行いましょう。また、さわるときは手の力を抜いて、やわらかくタッチします。犬が嫌がる場合は手の甲を使ってみましょう。

視線

1点を凝視すると、犬は落ち着けません。視野を広くとり、やさしいまなざしで全体を見るようにしましょう。

呼吸

呼吸を止めると、知らず知らずのうちに手に力が入ってしまいます。ゆったりした呼吸で、息を止めずに行いましょう。

タッチのプロセス

全身のストローク

こんな働きがある

全身をさわって体全体を意識させることにより、飛びつき、引っ張りグセの予防にも、

①頭からしっぽの先まで

やさしくなでます。緊張でしっぽを巻き込んでいるときは無理に出さなくてもOKです。

②後ろ足は足の延長線上まで

後ろ足はつけ根から足先、その先の延長線上までなでましょう。

③肩から前足の足先まで

肩から前足の足先まで、②と同様に足先の延長線上までなでます。

④最後に全身を頭から背中、しっぽの先までもう一度タッチしましょう。

マズルのストローク

鼻先から耳に向かって

あごを支えて、鼻先から耳に向かって5回ずつなでます。反対側も同様に鼻から耳に向かって5回ずつ行いましょう。

こんな働きがある

感情面を司る大脳に働きかけるため、自信がつき、集中力を高めるなどの効果や、無駄ぼえ、甘がみの予防にも

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です