電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

家に迎えるまでに、サークルやフードなどの生活必需品が必要です。そのほかのグッズは、使うときにそろえてもいいでしょう。

生活必需品は事前にそろえる

子犬を迎え入れる日が決まったら、室内環境を整えるとともに、お世話グッズも用意しておきましょう。フードはショップやブリーダーのところで与えていたものを聞いて、最初は同じ種類のものを用意します。さらに、サークルやハウス、トイレトレーやペットシーツなど生活必需品は、連れて帰る前に必ずそろえましょう。

それ以外は一度にそろえずに、必要に応じて買いそろえても大丈夫です。店によっては、サークルやフード、ケア用品などを一式そろえた、飼育セットを販売しているところもあるので、費用も含めて検討してもいいでしょう。

早めに用意したい基本の飼育グッズ

サークル

トイレトレーニングや留守番のときに使います。サイズが変えられるものや、組み立て式のものなど、種類があるので、生活環境に合わせて選びましょう。

ハウス(クレート)

寝床になるハウスを用意します。子犬のころはフラットなベッドよりも、天井がついたクレートなどを、ハウスとして使うほうがおすすめです。

フード

容器

フードは、ペットショップやブリーダーで与えていたものを用意しておきます。容器はフード用と水用の2種類を準備して。初日から数日間飲ませる、犬用のスポーツ飲料もあるといいでしょう。

トイレトレー

ペットシーツ

ペットシーツを固定するトイレトレーと、ペットシーツを用意しましょう。ペットシーツは散歩など外出時も必要になります。

首輪

リード

首輪は子犬のころから慣れておきたいもの。できれば、日ごろからつけておくようにしましょう。リードも併せて用意すると安心です。

スリッカーブラシ

コーム

子犬のうちからブラッシングは必要なので、スリッカーブラシやコームは早めにそろえて。

知育玩具

おもちゃ

おもちゃはひとり遊びと、飼い主さんとの遊びに使うものを分けて、数種類用意しましょう。知育玩具はしつけにも使います。

歯ブラシ

歯みがきペースト

柄が長い犬用の歯ブラシか、幼児用の歯ブラシがおすすめです。犬用の歯みがきペーストも用意を。

おもちゃの種類をそろえよう

ひとり遊び用(知育玩具)

かみたい欲求を満たす道具で、中におやつなどを仕込めます。5~6種類用意しましょう。

ボール遊び用

ボールやぬいぐるみなど、獲物を捕まえて持ってくる本能を刺激する遊びに使います。

引っ張りっこ用

強度のあるぬいぐるみやロープ状のものなど、愛犬が好きなかみ心地のものを準備して。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です