電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

子犬は好奇心旺盛でいたずらが大好き。家の中の安全対策をして、安心して暮らせる環境をつくっておきましょう。

子犬が安心して暮らせる空間をつくる

トイ・プードルが家にやってくる前に、室内環境を整えておきましょう。子犬は好奇心旺盛でいたずら盛り。何でもかじったり、じゃれたりするので、普段何気なく使っているものも、子犬の視点でチェックしましょう。危険なものが多い場所は、柵などを設置して行動範囲を制限すると、安全を確保しやすくなります。

また、子犬が落ち着ける空間にするためには、サークルやハウスを設置する場所が重要です。さびしくて、キャンキャン鳴かないように、家族が集まるリビングなどに置きます。模様替えが必要ならば、事前にしておきましょう。

ココもチェック!

行動範囲は制限できている?

キッチンなど子犬に入らせたくない場所は、ペット用の棚などを設置して行動範囲を制限しましょう。

危険なものはない?

子犬の視点で危険ものがないかチェックして。ゴキブリを除去するためのシートなどを部屋に置いておくと、口に入れる可能性も。

いたずらしやすいものはない?

ゴミ箱やスリッパは子犬の遊び道具。一度楽しさを感じるとクセになるので、いたずらしやすいものは置かないようにしましょう。

暖房器

冬にリビングなどで使う暖房器具は、柵をつけてやけどをさせないようにするといいでしょう。

コード類

コード類は犬にとって遊び道具。かじってしまうこともあるので、見えないように片づけるか、カバーをかけましょう。

フローリング

すべりやすく、ケガの原因にもなるため、できればカーペットやマットなどを敷いて。一部だけでもOKです。

観葉植物

観葉植物のなかには犬にとって毒性があるものもあるので、届かない場所に。

階段・キッチン・玄関の入り口

落ちたら困る階段や、口に入れたら困るものがあるキッチンなど、入らせたくない危険な場所は仕切りを設けます。

サークル・ハウス

子犬がさびしくならないような場所に置きましょう。家族が集まるリビングがおすすめです。そのなかで落ち着ける環境づくりを。

子犬がトイレを覚えるまでの家具の配置のしかた

子犬がトイレを覚えるまでは、水色の点線で示したような約2帖ほどのスペースの四方を、家具や壁、パーテーションなどを使って囲っておきましょう。ここには、サークルとハウス、水皿などを置いて、トイレをできるだけ失敗させないような環境を整えます。トイレを覚えたあとは、四方を囲む必要はなくなります。

サークルやハウスの置き場所

家族の目が届く場所に置く

人の声やテレビの音、音楽など、普段の生活の音が聞こえる場所に置く

スピーカーのすぐ近くなどは避け、落ち着ける場所に置く

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です