電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

健康状態をよく見て元気な子犬を選びましょう。性格も見極められると、暮らしのイメージがしやすくなります。

分泌物が出ていないかチェックして

トイ・プードルを家に迎えるときに、ルックスや毛色、性別などを考慮するのも必要ですが、もっとも大切なのは健康なトイ・プードルを選ぶことです。

疾患があるかどうかを見分けるのは、長年仕事で犬に接していないとむずかしいのですが、素人でも見分けられるポイントがあります。一番見るべき場所はおしり。ウンチがついていないか見てみましょう。下痢しているときは、必ず肛門が汚れています。

また、目や耳、鼻なども目やにや耳あか、鼻水などの分泌物がついていないか、変なにおいがないか、チェックしましょう。

毛はツヤがある?

毛ヅヤを見たら、毛をかき分けてみて、変なにおいがしないかチェックしましょう。皮ふに湿疹がないかも確認を。

しっぽはよく動く?

しっぽは元気のバロメーターなので、しっぽがよく動くか見ます。

おしりは汚れていない?

下痢しているときは必ず肛門が汚れるので、おしり周りはよく見ましょう。

足や歩き方に異常はない?

股関節やひざ関節などに、ケガがないかよく観察しましょう。着地したときに片足をあげる動作をしていたら、関節や骨に異常があることも。

性格は活発or慎重?

子犬を呼んだり、抱こうとしたりしたときの反応を見て、希望する性格の子犬を見つけましょう(左記参照)。

耳の中は汚れていない?

耳の中を見て、きれいなピンク色をしているか、耳あかが多かったり、黒く汚れて変なにおいがしたりしていないか見てみましょう。

目の周りが汚れていない?

目の周りが涙や目やにで汚れていないか、涙やけがないか見ます。分泌物は素人でも判断できる材料なので、よく観察して。

鼻の湿り具合は適当?

健康な犬の鼻は適度に湿っています(睡眠中と寝起き以外)。鼻水が出ていないかも合わせてチェックを。

口の中のにおいや歯の色はきれい?

ロはかみ合わせがよく、歯の色は白色、歯肉の色はピンク色か見ましょう。変なにおいがしないかも確認します。

子犬を呼んで、性格を見てみましょう

性格を見るときのポイントは、子犬を呼んだときの反応です。ケージをあけたときに、何も警戒せずに出て来た犬は好奇心旺盛な傾向。反面、マイペースなこともありますが、スポーツを楽しみたい飼い主さんにはおすすめです。逆に最後に出てくる犬は警戒心が強い場合が多いでしょう。社会性を身につけさせるのに努力する必要はありますが、おとなしくて従順な傾向があります。

子犬を決めたらあらためて聞くこと

引き渡し日

ワクチン接種など予防の種類や日程

食欲や排泄の様子

生活環境の食事の種類と回数

トイレトレーニングの有無と使用素材

好きなおもちゃ

子犬を決めたら、あらためて生活環境や健康状態、食事の与え方などを聞いてみましょう。ワクチン接種などの予防面については種類と日程の確認を。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です