電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

犬は言葉ではなく、しぐさで気持ちを伝えます。飼い主さんがその行動の意味を理解すればもっと仲よしに!

体全体で感情を表現している

犬は「かまってほしい」などのメッセージを、体で表現しています。特にしっぽや耳に気持ちが表れますが、トイ・プードルのしっぽや耳は、飾り毛でわかりづらいので、表情やしぐさを参考にしてみましょう。

キモチ

一緒に遊ぼう

飼い主さんに遊んでほしいときに、わくわくして前足をバタバタと動かします。

その場で前足を交互に動かす

キモチ

これから楽しいことしようよ

前足を出しておしりを高く上げるときは、飼い主さんやほかの犬を遊びに誘いたいときです。

上半身を下げて腰を上げる

キモチ

飼い主さん、こっちを見てくれないかな

飼い主さんの関心をひいて、遊びたい気持ちを抑えられないときに見られる行動です。

かけ足で近づいてくる

キモチ

かまってよ~

ごはんを食べたいときや、遊びたいときに見られるしぐさです。かわいい行動ですが、飛びつきの原因になることも。

前足で人のひざなどをたたく

キモチ

楽しいな

口元がゆるんでいるときは、リラックスできているとき。楽しいときは口がゆるみ、舌が見えてます。

舌が見える

キモチ

うれしいな、楽しいな

楽しいと思っているときや、ごはんや散歩など、好きなことが始まりそうなときに見られます。

しっぽを大きくふる

キモチ

なんとなく嫌な気分

不安や緊張を感じたときに、自分の気持ちをほぐそうとしています。

後ろ足で首をかく

キモチ

気持ちをしずめよう

ストレスを感じたときに、体をふることでリセットしたいという行動です。

ブルブル体をふる

キモチ

不安だな

不安な気持ちを抑えたり、気持ちを伝えたりしたいときに見られる行動です。

床のにおいをかぐ

キモチ

ちょっと落ち着いて

相手の気持ちを静めて、なだめるときにあくびをします。

あくびをする

+ワン

しっぽのサインからわかるキモチ

●内側に巻き込まれているとき

恐怖を感じているときは、下がるだけでなく、内側に巻き込まれます。

●立っているとき

自信を持っていたり、興奮したりしています。

●水平になっているとき

興味津々。これから楽しいことがあるかもしれないと思っています。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です