電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

トイレトレーニング

室内で犬と暮らすためには、トイレトレーニングは欠かせません。初日からじっくり付き合えば早めに覚えさせられます。

子犬をよく観察してトイレへ誘導して

トイレトレーニングは、室内で一緒に暮らしていくために欠かせません。部屋中でオシッコをしないように、正しいトイレの場所を教えましょう。特に最初の1週間は大切です。子犬が排泄するタイミングに合わせて、トイレへ誘導しましょう。タイミングよくトイレへ連れていくことができれば、多くの犬は数日で覚えられます。

ただし、子犬は消化機能が未成熟で、頻繁に排泄します。そのため、トイレを覚えるまでは長時間目を離さないこと。留守番をさせなくてはならないときは、できるだけ環境を整えて出かけ、家にいるときに根気よく教えましょう。

トイレトレーニングをするときのコツ

失敗してもしからない

トイレ以外で排泄してもさわいだり、しかったりせずに、ハウスへ戻してから片づけましょう。しかってしまうと、人間の前で排泄することがいけないことだと考えて、隠れてするようになります。

排泄しないときは数分後に再び連れていく

排泄のタイミングでトイレに連れていっても、オシッコしないときがあります。その場合はハウスに戻して、数分後にまた連れていきましょう。

覚えたあともほめ続ける

トイレを覚えたと思っても、失敗するようになることもあります。完璧に覚えたあとも、トイレが上手にできたときはほめ続けるようにしましょう。

トイレトレーニングのすすめ方

Step1 子犬の排泄のタイミングを知っておく

排泄のタイミングを見逃さずにトイレに連れていくことが、トイレを早く覚えさせるコツ。子犬が排泄するタイミングを頭に入れておきましょう。

寝起き

犬は寝床であるハウス内で、オシッコやウンチをすることはあまりありません。ハウスで寝たあとはすぐにトイレへ。

食後や水を飲んだあと

食事のあとや水を飲んだあとは、腸の動きが活発になるため、オシッコやウンチをしたくなります。30分くらいは子犬の様子をよく見ましょう。

遊んだあと

遊んだあとはトイレのタイミング。特に遊びのあとに水を飲んだときは、オシッコをしたくなるはずです。よく観察してトイレへ連れていきましょう。

+ワン

月齢+1時間が排泄の目安しぐさも観察して

子犬の排泄の間隔は、月齢+1時間が目安。生後2か月の場合は3時間ごとです。また、時間を見ながら子犬のしぐさも参考にします。クンクンと床のにおいをかいだり、そわそわしたりしたら、トイレに行きたいサイン。見逃さずにトイレへ連れていきましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です