電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

成功するポイント

目があったらすぐにほめる

飼い主さんのほうからのぞきこまない

トレーニングの前にマグネットの確認をしよう

フードがトレーニングの動機づけになるかどうかを、チェックします。

マグネットは誘導の基本になるので、毎回行いましょう。

1.フードを持った手に鼻をつけたら左右に動かす

2.上手についてこられたら、フードをあげてほめる

Level1 誘導に言葉を加える

1.フードを持った手を見せる

手にフードを持ち、犬に見せ、興味をもたせます。

2.手をあごの下において視線を誘導する

手を鼻先から自分のあごの下において視線を誘導し、目が合ったら名前を呼びます。

3.すぐにほめる

名前を呼んだらほめながらフードをあげます。

Level2 誘導に言葉を加える(距離を離す)

1.フードを持った手を鼻先におき、あごの下にもっていく

両手にフードを持ったら、手をあごの下にもっていき、視線を誘導します。

2.犬と目が合ったら名前を呼ぶ

犬と目が合った瞬間に「ビーノ(犬の名前)」と呼びましょう。

3.すぐにほめる

ほめてフードをあげます。誘導した手と、反対の手からあげてもいいでしょう。

Level3 言葉と手の合図だけで行う

1.名前を呼び、手の合図をする

手にフードを持たずに行います。先に名前を呼んで、手をあごの下におきます(=手の合図)。

2.犬が目を合わせる

目が合わない場合は、レベル2のように手の動きで誘導しましょう。

3.すぐにほめる

目が合ったら、すぐにほめてフードをあげましょう。愛犬が喜ぶ場所をなでても大丈夫です。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です