電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

繁殖の予定がなければ、不妊・去勢を検討してみましょう。

メリット・デメリットをふまえて検討する

トイ・プードルは、6~10か月ころで性成熟に達し、繁殖が可能になります。将来的に繁殖を希望しなければ、不妊・去勢手術を検討しましょう。

手術をすれば二度と子どもが作れなかったり、太りやすくなったりするなどのデメリットはあります。一方で、問題行動が軽減され、生殖器の病気にかかりにくくなるなどのメリットもあり、健康のために手術するという考え方も。手術するかどうかは、メリット・デメリットをしっかり考慮したうえで判断してください。

メスの発情

6~10か月の間隔で、発情期(ヒート)がやって来ます。発情期があるのはメスだけで、オスはメスの発情に伴って反応します。

全体周期 6~10か月

無発情期

発情前期

8日間

出血 10~12日間

発情期

平均10日間

排卵

発情休止期

2か月

妊娠期間58~63日間

無発情期

4~8か月

発情前期

外陰部が充血して大きくふくらみます。透明な分泌物が出て、その後、出血が始まります。オスを引きつけるフェロモンを含んだオシッコをしますが、まだ交尾は受け入れません。

発情期

出血がおさまって排卵が起こります。オスが近づくと立ち止まって踏ん張り、尾を持ち上げて交尾を受け入れます。出血が始まって10~12日ごろが一番妊娠しやすい期間です。

発情休止期

黄体ホルモンが働いて、外陰部からの分泌物は出なくなり、オスを受け入れなくなります。受精が成立して妊娠した場合は、約58~63日間の妊娠期間に入ります。

無発情期

ホルモンの活動が停止し、卵巣が機能しなくなって、発情していない状態に戻ります。この時期は4~8か月間続きます。

発情期の様子と不妊・去勢手術

不妊・去勢手術はメリット、デメリットがありますが、病気予防などの効果を考えるならば、発情期前に手術するのがおすすめです。

オスの発情の様子

●メスに興味をもち、おしりのにおいを嗅ぐ。

●発情したメスが近くにいると興奮状態になる。

●マーキングの回数が増える。

●マウンティング(しがみついて腰を振る)をやりたがる。

●ほかの犬とケンカになることもある。

去勢手術

全身麻酔をかけて、陰嚢近くの皮ふを切開し、左右の睾丸を摘出します。

メリット

●精巣腫瘍、前立腺肥大、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニアなどの病気を予防できる。

●縄張り意識が弱まり、マーキングやマウンティングなどの行動が減ることも。

●メスを追い求める発情のストレスから解放されるため、おとなしくなる。

デメリット

●あとで繁殖させたくなってもできない。

●活動量が減る分、食事管理をきちんとしないと太りやすくなる。

メスの発情の様子

●外陰部が大きくふくらみ、出血が2週間くらい続く。

●オスを誘うようになり、オシッコの回数が増える。

●そわそわ落ち着きがなくなったり、攻撃的になったりすることも。

不妊手術

全身麻酔をかけて開腹して、卵巣と子宮を摘出するのが一般的。卵巣だけを摘出する場合もあります。

メリット

●望まない妊娠の心配がなくなる。

●子宮蓄膿症、子宮内膜炎、卵巣腫瘍などの生殖器の病気が予防できる。

●乳腺腫瘍の発症率が低くなる。

●発情に伴うストレスから解放され、おだやかになる。

デメリット

●あとで出産させたくなってもできない。

●活動量が減る分、食事管理をきちんとしないと太りやすくなる。

発情期に注意すること

●ドッグランやドッグカフェには連れていかない

周りのオスが落ち着かなくなってトラブルの元なので、犬がたくさん集まる場所は避けましょう。

●シャンプーはしても問題なし

発情中のシャンプーは、犬の体には問題ありません。陰部が汚れやすくなるので、清潔にしてあげましょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です