電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

パピーのトレーニングは、飼い主さんとの絆を深めるのが目的。考えたり教わったりすることが好きな犬に育てましょう。

お互いに楽しむことで、トレーニング好きの犬に

子犬が来て5日~1週間たち、家に慣れてきたら、パピーのトレーニングを始めましょう。好奇心旺盛な子犬は、新しいことをどんどん吸収していきます。行動を完璧に覚えさせようとはせずに、遊び感覚で飼い主さんも楽しんで。飼い主さんが求める行動ができたら、ほめてもらえるという経験を、子犬にさせることが重要です。頭を使ったり、ほめられたりする経験によって自信がつき、トレーニングが大好きな犬になります。

ただし、子犬は集中力が続かないので1回5分以内に。あせらずに、トレーニングの最後は成功させて終わらせましょう。

トレーニングでのフードの使い方

フードを上手に使うことが、トレーニングを成功させる第一歩。使い方をマスターして、好ましい行動を犬にわかりやすく伝えましょう。

フードの使い方

大きさ

体格に合わせてひと口で食べられる大きさに。

持ち方

人さし指と中指の間に置き、親指で押さえます。

与え方

あげるタイミングが重要

正しいタイミングであげることが、トレーニング成功のヒケツ。好ましい行動をとった瞬間にあげて、何が好ましい行動か伝えましょう。

○行動をとった瞬間

×行動したあと時間がたってから

おやつはグレードを使い分ける

普段のトレーニングはフードで十分ですが、むずかしいことにチャレンジするときは、おやつがおすすめです。愛犬の好きな順におやつをランキングし、難易度に応じてグレードを選びましょう。

犬との上手なコミュニケーションのとり方

ほめる(=犬をうれしい気持ちにさせる)

犬がうれしい気持ちになることは、すべてごほうび。愛犬の好みを知っておくことが大切です。

犬へのほめる気持ちの伝え方

ほめ言葉をかける

「イイコ」「上手」などの言葉はいつもかけましょう。

スキンシップをとる

愛犬の喜ぶ場所をさわるのもごほうびです。

フードやおやつをあげる

フードやおやつはどの犬にとってもごほうびになります。

しかる(=犬を間違ったかなという気持ちにさせる)

犬にしかる気持ちを伝えるには、好ましくない行動をとったときに、犬を間違ったかなという気持ちにさせるようにします。

犬へのしかる気持ちの伝え方

知らんぷりをする

犬のほうを見ないで、声もかけないようにします。ただし、この方法は飼い主さんのことを好きな犬でないと、効果がありません。

嫌なことが起こるようにする(天罰方式)

かじってはいけない場所にいたずら防止剤をスプレーしたり、音を出して驚かせたりします。飼い主さんがやったと気づかれないように注意しましょう。

行動をやめさせるときは、警告として大きな声で短い言葉を言う

好ましくない行動をしたときに、「アッ」「ダメ」とひと言短い言葉を言うのは効果的。行動を中断させるために使います。

注意

何度も「ダメダメダメ」と連呼せずに、指示はひと言が基本。飼い主さんが興奮して声を出すと、犬は遊んでくれていると勘違いすることもあります。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です