電話

06-6535-8788

メール

info@cocof.jp

営業時間

11:00 - 19:00

犬が飼い主さんに注目するのが、楽しくなるトレーニングです。コミュニケーションの基本になります。

成功のポイント

視線があったらすぐにほめる

飼い主さんのほうからのぞきこまない

Level1 座った状態で視線を合わせる

1 フードを持った手を見せる

手にフードがあることがわかるように、犬に見せます。

2 手をあごの下において、視線を誘導する

手を鼻先から自分のあごの下において視線を誘導し、目が合ったら名前を呼びます。

3 すぐにほめる

名前を呼んだら、ほめながらフードをあげます。

Level2 立てひざで視線を合わせる

フードを持った手を鼻先からアゴの下へ動かす

視線を合わせる距離が遠くなると、難易度が上がります。できない場合はもう一度低い位置で行いましょう。

+ワン

飼い主さんからのぞきこむのはNG

愛犬と視線を合わせるために、同い主さんのほうからのぞきこむと、トレーニングにならないので注意しましょう。

呼びよせ

飼い主さんが呼んだらそばに来る「オイデ」の基本です。飼い主さんのそばに来ると、よいことがあると思うように行いましょう。

成功のポイント

最後に首輪をつかんだ状態でほめる

呼びよせたときにしからない

1 フードを持った手を鼻先におく

手にフードを持ち、鼻先において犬が手に鼻先をつけるのを待ちます。

2 向かい合った状態で後退する

手に鼻先をつけてきたら、鼻先からフードがはずれないように注意しながら、後ろ向きに歩きましょう。

3 立ち止まり、ほめながら首輪をつかむ

ある程度歩いたら立ち止まり、ほめながらフードをあげ、反対の手で首輪をつかみます。

4 解除の声をかけて、首輪を離す

首輪を離して「OK」と声をかけます。解除の合図に慣らしていきましょう。

+ワン

「オイデ」はいつ言うの?

呼びよせはオイデの基本ですが、オイデという言葉をかけるのはまだ先。誘導による行動が確実にとれるようになってから言葉をかけます。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です